最近若手俳優を好きになった人の応援スタンス

青春の1ページって 地球の歴史からすると

どれくらいなんだろう?

あ~ 愛しいあの人

お昼ご飯 なに食べたんだろう~

 

モーニング娘「ザ☆ピ~ス!」歌詞より

三浦くんがかわいすぎて、ついついこのセリフを言う石川梨華気分になってしまう。

 

 

 

 なんかおもしろそうなトピックを見つけてしまったのでやってみました。

トピック「ジャニーズファンの応援スタンス」 - はてなブログ

ファン2周目のわたし - いちばんぼしにとどくまで

 

 

▼基本情報

20代前半/地方在住

 

 

▼担当(推し

三浦宏規くん

チームライブ氷帝へ行ったのを機に、この子の活躍をもっと見たい!ちゃんと応援したい!と思うようになり今に至る。

現場に長らく行ってないですが、熱を込めて応援していた子はジャニーズjrのある1人でした。

 

 

▼好きになる基準

共通点はギャップがある人。そして苺大福みたいな人。

見た目かわいいのに趣味がおじじくさいとか、顔に似合わず略歴がすごいみたいな意外性に惹かれます。あとは人一倍好きなものに対する姿勢が凄まじいとか。

苺大福って色白でもちもちっとしたかわいい容姿は勿論、誰からも好かれる人気さ故の自信や堂々とした姿も持ち合わせているイメージがあって。中身も文句なしにいろんな魅力がぎっちり詰め込まれているし、絶対的かわいさにも、上品で美しい佇まいにもなれる。そんな感じの人を好きになることが多いと思います。

 

他にも 山田涼介くんとか小関裕太くんとか佐藤流司くんとか間宮祥太朗さんとか好きです。jrの佐藤龍我くんもちょっと気になる。

 

 

▼雑誌を買う基準

とりあえず出てる雑誌はバックナンバーも含めて買ってます。ジャニのように膨大な量ではないのである意味助かっている。

 

 

▼映像作品を買う基準

映像作品になる仕事がまだ少ないのでなんとも言えませんが、たぶん全部買うと思います。ただし初回限定だけとか。内容が大幅に違うとかじゃなかったら複数枚は買わないかも。

 

 

▼現場に行く基準、遠征に行く基準

初日や千穐楽などのこだわりがないので公演期間中、行けそうな日程に合わせて行くといった感じ。忙しすぎて結局一回も入れなかった、、なんてこともごく稀にある。でも基本的には入るようにします。いっぱい見たいので!

地方住みなのでどこへ行くにも遠征です。交通手段さえ確保できればどの場所にもだいたい友だちが住んでるので宿には困らないという特典つき。いつもお世話になっております。えへへ

 

 

▼グッズを買う基準

必ずパンフレットと写真は買うようにしてます。缶バッジやランダム系のグッズにはあまり興味がないのでほとんど買ったことがないです。でもこないだ珍しくアクリルキーホルダーを推しが出るまで買いました。4回目にしてやっと出た~!たぶんアクキーの大きさとビジュアルがすごいかわいくてついやってしまったんだと思う笑 たぶんあれが最初で最後!のはず、、。

 

 

▼ファンレター、プレゼントについて

出演作を一通り見終えたあとに書くことが多いです。公演期間中に書くことはほとんどありません。内容は主にポジティブ的なこと。単純に書いてて幸せになるから。~したほうがいいみたいな件はジャニでも俳優でも書いたことないです。なぜならだいたい好きになる人は有難いことに書く必要がないと思えるくらい仕事ができるからー!(鼻高々)そうでなくても現場で教わることがあると思うので書かないと思います。

プレゼントはほとんどあげたことがないです。ファッション小物は好みがあるだろうし、よかれと思ってあげた物がゴミになる行く末をあまり想像したくないので(笑) あげたとしてもきっとマスクくらい。あ、思い出した。こないだ宍戸役の小早川俊輔くんがテニミュブログに掲載していた内容をどうしても紙媒体に残しておきたくて自分用に製本したつもりが三浦くんのぶんまで作ってたという事件がありまして。それを自己満でプレゼントとして送りました!(矛盾w) 誕生日おめでとうの意も込めて(笑)

 

▼同厨

自分から仲良くなりたいと思うタイプではないと思います。かといって同厨同担だから拒否!なんてこともないので、担当推し関係なく気の合う人と運よく出会えたらいいかなって感じです。だいたい気づいたら仲良くなってるみたいなことが多い。

 

 

▼総合的な応援スタンス

担当や推しの好きをコンスタントに継続していられるのはだいたい2~3年といいますがなんとなくその通りかもしれないなと思います。人間である限り、推しも自分もいろんな部分や考え方が変わっていくに違いないのでそれをどう受け入れ、楽しんでいくかってところがこの趣味を楽しむコツの一つなのかも。とりあえず三浦くんの活躍を楽しく応援していきたいです。