イエス、ノーどちらでもないこともあるでしょう

 まさに三浦くんはヒーローです。(唐突)

テニモのウェブラジオで気になったことがあったので、気持ちが新鮮なうちに書き留めておこうと思います。

 

 

氷帝メンバーは仲間だけど友だちじゃない。仕事仲間っていうのがやっぱりある。仲は良くしつつも各自がそれぞれの目標に向かって頑張ってる。なんて言ったらいいのか難しいけど、ただ仲がいいと思ってた俺は浅はかだったのかもしれない」

by三浦宏規

 

 ちょっと涙声気味に語る三浦くん(かわいすぎか)

 

 

グループという括りで仕事をするとなるとどうしてもぶつかる問題。

アイドルグループではよくある話なのですが、氷帝はアイドルじゃないのでこの悩みはまた違う観点にあるものなのかな?とかいろいろ考えてたんですけど、結果

三浦くんが好き

にまとまりました。(笑)

 

 

以下そこに行き着くまで(言いたい事をひたすら綴っていたら思いのほか長くなっちゃった)の文です(笑)↓

 

 同じ目的を持って良い仕事をしようと高め合える同僚関係だからこそ、生ぬるい関係にしたくはないし、そのせいで仕事の質を落としたくないという気持ちはわかる。

けど、ただ仲がいいと思ってた自分を浅はかだったなんて思わなくていいんじゃないか思った。

仕事をする間は同僚として向き合ったらいいし、仕事が終わって帰りにご飯を食べたり誕生日をお祝いしたり困ったことがあったら相談したりするときの関係はただの友だちであってもいいと私は思います。

だって浅はかだなんて否定すること、何ひとつないじゃない。

三浦くんが言ってた「毎公演 命を懸けて全力で挑んでいる」というのはメンバーみんな同じだったと思うし、メンバーを友だちだと思えた瞬間があったからできた関係も仕事もあったはず。友だちだと思ってた間にダメだった公演なんて一つもなかった。

仕事仲間としての仲の良さ、プライベートでの仲の良さ、いろんな形があることに気付いたことが宝だと思う。

氷帝の仲間としてこれからも傍にいてくれるであろう彼らとどうか末永く良き『友だち』でありますように。

 

 

歳の近い者同士が集まって仕事をするとなあなあになってしまう可能性に危機感を察する三浦くんの視野の広さや客観的捉え方はさすが最前線で活躍してきただけあるなと思います。

そういうところ漢前。

かっこいい。

(いつもかわいいばっかり言ってごめんね、だってかわいいんだもん)

 結婚して?

 

「そう(ただの友だちじゃないと)考えなおしてからは、より話し合いが濃くなったし、改めて上を見てこの仕事やんなきゃいけないなって思えた。ただの友だちとかじゃなくて、うまく言えないけど、まじ大好きっす!」

by三浦宏規

 

"浅はかだった"というネガティブな点に着目してしまったけど、三浦くんは全然そんなこと考えてなくて純粋にこの友だち課題についてポジティブに考えてたんだろうなと思いました。

氷帝みんなのことが好きだからこそ、もっと結束力の高い氷帝にしていきたい。

そういう想いが伝わってくる氷帝大好きな三浦くんのこと、

わたしもまじ大好きっす!