近未来スタイリッシュゴーストエンターテイメント

こないだ始まったと思った幽劇があっという間に終わってしまった、、。

毎日稽古場に筋肉弁当とトマトを持ち込む橘ケンチさん(fromEXILE!vic:味方さん)に感化されて、稽古終わりに揃って焼肉屋へ元気よく足運ぶなどしていたあの男臭いカンパニーに会えなくなる寂しさに夏の終わりを感じます。

 

 とにかく"ギャング"をメインにしているだけあって、

男はこうでなくっちゃかっこつかねーだろ??!!!!!

という勢いを前面に押し出した、いい意味で荒々しくスピーディーな舞台でした。そしていつも誰かが叫んでいる(笑)

キャスト陣もネルケ推していきたい俳優揃いと謳うだけあって皆さんスレンダー!モデル体型!スーツがよく似合う!

 

 

メインとなるギャングの4人は、霊界では有名な大物ルーキー。過去に自分たちを殺した王燐コンツェルンの3代目ボスに復讐するため、捨て紙と呼ばれる札を使って様々な策を企てる。そんな最中、霊界で一番強い力を持つ霊が現れ彼が王燐のボスの精神を乗っ取り人間界と霊界を支配しようと目論んでいることを知りーーーーーーー

 

 

あらすじだけ言うとザックリこんな感じ。

王燐の手によって不幸に陥れられたギャングたち4人の身内を助けるため、捨て紙を使ってピンチを切り抜くところなどは毎回ギリギリのアドリブで攻めてくるんですけど、それが結構際どかったです(笑) たぶんこれも演出の軸となっている"漢らしさ"に合わせて役者の根性とやらを試していたのかもしれない…

 

 

・(超個人的)ベストオブアドリブ賞

~2種類の薬を調合するが失敗して吹き飛ぶ井木(伊万里)のアドリブ~

普段

井木「亜嵐とメンディー、、、!」

シン「それじゃない!」

井木「ジェネレーショーーーン!!」

20日

「健人と勝利、、、!」

「それじゃない!」

「セクシーゾーーーーン!!」

 

まさかネルケの舞台で、、ジャニネタをぶつけてくるとは、、誰もジャニに関連するキャストいないのに!!と隠し切れない興奮を抑えた瞬間です(笑)

 

 

「後悔とどう向き合っていくか?」というテーマが基盤にある幽劇。個人的に後悔というより『漢らしさ』とはなんなのか?ということをフォーカスした舞台だったように思います。

勢いで突っ走っていくこと、誰かのために人肌脱いでみること、信念を貫き通すこと、未練残さず去り際をサッパリ締めること

全部、漢らしさ。

どんなにカッコ悪くてみっともなくても、それが大事だと語っているような物語はテーマとは逆に至ってシンプルで熱かったです。

 

 

(余談ですが)ただ、全てを"漢らしさ"で解決できるかといったらそうではなく、当然苦手だな~と思う箇所もところどころありました。

役者の魅力が引き立つように自由な(それこそアドリブとか)表現を追求したことは理解できますが、そこを補正する必要があるかをいちいち確認し検討することが少し蔑ろにされていたような気がします。場数の少ない若い役者さんなんか特に勘違いしてしまいそう、、。観客から笑いを誘えたとしてもこの表現がすべて正解というわけではなことを考察する機会になればいいなと思います。

 

 

カンパニーの雰囲気自体はとても大好きでした。

キャスト同士お互いに敬意を持って接しながらも親しみを込めて関わっている仲の良さは見ていて本当に楽しくて、かわいくて、、素敵なカンパニーです!

 

夏だ!花火だ!幽劇だーーーー!!

 

以下追記 

 ~三浦くんの役の話~

 

○役名:楢崎セイジ

せいらん(漢字がわからん)高校3年生、野球部主将、ピッチャー(サウスポー)、同じ高校に妹がいる。

○OPとED紹介

始:(帽子のツバを摘まんで少し引き上げる仕草をしながら)「先輩!俺は野球が大好きです!」努力と根性の野球少年、きらめく青春と汗と涙、三浦宏規!

終:甲子園に出場したものの一回戦で敗退(肩腕で顔を隠して泣くポーズ)(千穐楽ではTTポーズ)、それでも挫けずプロを目指す。爽やか野球少年、三浦宏規!

 

すっごく普通の名前ですっごく普通の野球部主将で私が理想としていたとっても普通の男の子を演じる三浦くんがそこにいました。(なんで金髪なのかはわかんないけど規律にうるさくない高校なのかな?(笑))

私はてっきり野球に執念を燃やして死んだゴーズトギャングだと思っていたのでこれはもう晴天の霹靂。むしろいい意味で期待を裏切られて嬉しかった。わたしが知っている限り三浦くんはいつもセンターにいて誰かの後ろに立つ機会は少なく、普通から一番かけ離れた役をしてきたと思っていたから。それがあってか今回の役を知ったとき、血潮が騒ぐような興奮と息をすることを忘れそうになるくらい感動したことは今でも鮮明に記憶しています。

だって、普通じゃなかった三浦くんが普通でいるんだもの。2.5慣れしてしまった身体にはあまりにも刺激的な変化球。それはものの見事にヒットした!

 

セイジくんは信念を曲げない。

(セリフはニュアンスです)

・「俺ひとりじゃ勝てないけど、おまえらがいる。おまえらとなら勝てる。」

・「明日勝てば甲子園に行けるんです!先輩と約束したんです!絶対せいらんを甲子園に連れて行くって!妹も楽しみにしてるんです!だからお願いです!」

・メンバー「こんな足で試合に出たらもう野球できなくなるぞ?!人生棒に振る気か?!」「それでもいい!ここで俺が投げなきゃならないんだ。先輩と約束したんだ、おまえらを甲子園に連れて行くって!」

怪我で選手生命が脅かされようとしても、大好きな先輩と妹に誓った約束は絶対自分の力で守り抜こうと決意するセイジくん。その苦痛で歪む表情に思わず涙が出てしまった。そんなになってまで頑張る必要はあるのだろうか?誰もが目を逸らしたくなるほどの痛みに向き合おうとする意地と固い意志はきっとセイジくんにしかわからない、彼が決めた責務なんだと思った。

 

セイジくんはただの高校球児ではない。

・「落ち着け!おまえらは校長のとこ言ってきいてこい!ここは俺が話とくから!」

・「明日に備えて帰って休め」「セイジは?」「俺はもう少しクールダウンしてから帰るから」「俺も手伝うよ!」「いいから!、、、、おつかれっした!!」

こわいお兄さんたちとの喧嘩になれば明日の試合には出られなくなる。そう即座に判断して部員をこの場から離し、ひとり下手に出てこの場を少しでも穏便に収めようと対応するセイジくん。そして怪我したことを部員に心配させたくなくて平然を装おうとする。高校生にはあまりにも深刻すぎる現状だ。でも彼は絶対自暴自棄になったりしないからすごい。そして彼なりの配慮とと取れる言動に胸を痛めながらもその優しさにしっかり敬意を示したい、そんな気持ちになった三浦くんのセイジくん。どうか幸せに生きてほしい、、。

 

以下、入った日のレポ

 

 

武器にしてきたバレエを封印してノースタイルで挑んだ初のストプレ。最初は不安もあり「他の役者さんからナメられないようにしないと」と気張っていたようですが案の定かわいがってもらっていたようでよかったです(笑) SNSの近況も今までに見たことがないくらいの末っ子感が満載。そのリラックスした表情から現場の楽しさが伝わってきてとっても癒されました♡

この夏で得た物を引っ提げて次の刀剣乱舞で新たな快進撃を繰り成す姿が待ち遠しいです。

 

 

(この記事を書いてる間はまだ上海公演やってないけど)ひとまずお疲れ様!