つはものどもがゆめのあと2部

2部の楽曲イメージはジャニーズグループでいうとどこっぽいかというのを元ジャニヲタの友人とディスカッションするのが観劇後の恒例行事となっており、今回も談義をしたのですが今のところ当て嵌まるグループが思いつきませんでした!

 

というわけで、ジャニヲタ寄りの観点で感想を綴っていきたいと思います(笑)

(ついでに言うと1部のレポ同様、三浦髭切さんについてが大半になってしまってます)

観劇から日数が経過しているので記憶が改竄されているところもあるかと思いますが、大目に見て頂ければ幸いです、、

 

因みに過去作のイメージはこんな感じ↓

・阿津賀志山:KAT-TUN

・幕末天狼傳:NEWS

・三百年:JUMP(わたしは見てないので友人談)

 

 

 

 

平家物語にあった「咲き乱れ咲き狂い~」がテーマ曲かな?と考えましたがほぼ語り部のような感じなので今回は物語に重点を置き、本編とライブをハッキリ分割させたかったのではないかと思いました。実際どうかはわかりませんが。

 

各キャラ衣装のデザインが異なっていたのも印象的。

優雅に舞うようなタイプの三日月、子狐、髭切の羽織はロング丈。逆にガツガツ踊るタイプの岩融、膝丸はショート丈。いまつるは他5振りにはない活発さを明確にするためかジャケット?にズボンというデザインで、それぞれの個性を引き立てるような衣装になっていたんじゃないかなと思います。

 

 

M1三日月ソロ

全員出てくるのかと思いきやまさかのソロでの登場!衣装が厳島公演で見た真っ白コートによく似ていたように思います。階段を降りていくときの所作まで余裕が感じられてさすが三日月様。

いきなりソロだったので単騎の前兆にも思えるし、単に本編からの伏線のようにも思えてくる不思議な構成でした。

軽やかな動きの中に優雅さが表れていて三日月様だ~!と。ビブラートの安定感がすごい。もっとじっくり見たい、、。

ジャニーズでいうとイメージソングはV6っぽいかなと個人的に思ってます。

 

 

 

M2全員

主にダンスだった気が。目が足りなくてどこを見たらいいのか焦りつつ本能に任せてとりあえず髭切さんをロックオン(笑)

ここだったかどうか曖昧なんですが、中央大階段にメンバーが詰めて並んでロボットダンス、からの階段降りて奥行をつけた横並びのフォーメーションダンスという流れがめちゃくちゃかっこよかった。本編に合わせて2部のパフォーマンスもレベルをあげてきたな!?というイメージ。

ここからは髭切こと三浦くんの話。やっぱり体幹がしっかりしているからどんなジャンルを踊っても安定感があるなと。ロボットダンスでは柔軟さが顕著に出ていてしなやかな動き。なのにテンポにしっかり追い付いていけているから見ていてスッキリする。

たまに膝丸役の高野くんと目配せしてはニコニコするのがかわいかった。

 

 

 

M3源氏兄弟

本編にあった源氏兄弟コーナーの延長線って感じかな?

ダンススタイルが違うからこそお互いの個性を引き立たせることできるパフォーマンスが盛りだくさんでまた目が足りなくなる、、。本当に出会うべくして出会った2人。

テニミュでも踊ってたけれどラケットを持ってる上にバレエ要素が強かったので、今回のライブでは新たな三浦くんを見た気がしました。特に振りと振りの間にある余白の使い方。高野くんとのダンスに入る前に一度ジャンプを入れたり、リズムを取るときの手の使い方とか本当にアイドルみたいだった。

対する高野くんもダンス経験者。重心を低めにしたアクロバティックスタイルとしゃかりきさが三浦くんと対比していて見応えがありました。ふたりがダンス中に目を合わせてるときが本当に楽しそうでずっと見ていたかった、、。次は源氏兄弟としてではなく、三浦くんと洸くんとして見たいシンメ。最高。大好き。欲望のレイン歌ってほしい!

曲調はキスマイっぽさがありました。でも今聴いたら別のイメージになりそうな気がする。

 

 

 

M4子狐丸ソロ

まさかのバックに源氏兄弟、、しかも前半だけ出てきて去っていくとかジャニーズjrかよ、、血が騒ぐ、、。

たぶんここかなあ?三浦くんはピルエット、洸くんはバク転で立ち位置を入れ替える演出がこれまた最高だった。バックにこの2人をつけるとなんだか豪華になる、、。M3とは違ってバックだからクールな表情は一定。一通り踊って颯爽と捌けていく背中が名残惜しい。らぶふぇすではフルダンスで見たい~!

とある方がツイートでこの曲を「B`zみたいだ」と例えていて、それだ!と思いました(笑)

 

 

 

M5全員

すごいファンシーなアイドルソングで終始死んでいた。とにかく振りがかわいい!!!!そういうの待ってました!!!!

Bメロの「僕はドキドキ、君にキュンキュン」みたいなフレーズでは、手でハートを作ったり胸あたりに手を近づけてドキドキさせるような仕草をします。そんな超絶かわいいパートがでまさかの三浦くんで悶死(1曲目だけ)。俳優からアイドルへ転身したのかと思うくらいのナチュラルさ。これは普通に死んでしまう。この歌詞がまた2曲目にも来るんですがそのときは別キャストなので三浦くんはフリー。様子を見ていたら大階段上のステージでアンサンブルさんたちとハート作って飛ばし合っているではありませんか、、。ひい!!!!

サビの中にあった「君の声をきかせてよ」みたいな歌詞では両手を耳に添えて頭を振るような動作をしており、めちゃくちゃ子犬感があって大好きでした。

 

刀を知らないジャニヲタも好きそうな曲。歌詞カードが欲しい。

友人はセクゾの『ぶつかっちゃうよ』っぽいイメージを持ったよう。わたしはJUMPの『#chau』っぽい印象でした。

 

 

 

M6全員(日替わり・客降り)

曲が入ってこない!!!!

場数を踏んでいるだけあって三条メンバーはファンサ慣れしていてさすがだった。とりあえず印象に残っている4人の感想。

 

三日月役まりおくん:歌いながらじっくり周りを見渡してくるので恐ろしかった、、(←褒めてます)目が合ったら石にされてしまいそうな神々しさ。

 

膝丸役あきらくん:わたしが見たときはまだ膝丸としてどうファンサしたらいいのか戸惑っているように思えました。手の振り方が謙虚(笑) 下手側通路にいる膝丸がちょくちょくアリーナ上手通路にいる髭切を気にしているのが愛おしかった!どのキャストもそうですが、ちゃんとキャラを保ってファンサしているのがすごい。

 

今剣役しゅんやくん:すぐ団扇を読んですぐファンサ。数をバンバンこなしていくけど抜かりない丁寧さがある。持っていた別キャラ色のペンラをいまつるカラーに変えて渡してくれたと友人から聞いたとき思わず「プロだ~~~!!!!」と叫んでしまった(笑)

 

髭切役みうらくん:私が見たときはだいたいお上品にお手振り、からの投げチューの連射(笑) そんなに投げチューカンペ団扇はあまり見かけないようにおもいましたが、反射的に身についてしまってのチョイスだったのかな? 柵と手すりの間からサイドバルコニーにいるお客さんを覗きながら手を振ったりと無邪気な場面も。また、髭切うちわを見つけては照れくさそうにする姿もあってとにかく丸っとかわいかったです。

 

 

 

 

M7歓喜の華

着物を使った演出がジャニ―ズワールドの百花繚乱っぽくてここは帝国劇場かと思ってしまった。

公演がはじまる前まで漢道を歌ってくれるもんかと思っていたのでこの曲に関してはまだ耳に馴染まず。みほとせからなんですよね。

あれはたぶんアンサンブルの笹原くんだったはず、、髭切さんの着物を回収するときに目を合わせてお互いにこにこしている姿が見れてほっこり。この曲以外でもよくアンサンブルさんたちと目配せする場面が見られ、仲の良さが伝わってくるのが嬉しいです。

 

 

 

M9主従コンビ

テンションがシブがき隊の「寿司くいねぇ!!」のよう(笑)

アンサンブルさんがつくるハートの中でいまつると岩融が楽しそうに舞う姿がとてもファンシー。ライトなどでピンク色に演出されており、陽気なお祭りっぽさがライブ全体のスパイスになっているように思いました。

 

 

 

M8刀剣乱舞

大階段に6振りが揃っての演出は何度見ても美しい。この曲はやっぱり気合いの入り方が一味違うような雰囲気があります。剣裁きの個性がはっきりわかるのも見どころです。

前回も記事に書いたとおり「この身朽ち果てるとも」の「この身」のときに刀をなでる髭切さんが妖艶でいちいち気が狂います。

 

 

 

久しぶりの刀ミュはやっぱり楽しかった!踊っている姿をじっくり堪能できるのも2部のおもしろいところ。同じ振りでもキャラクターの性格によっては全く違った雰囲気が出るのでついアイドルファン目線で見てしまう、、。

今回のライブパフォーマンスはいい意味で期待を裏切られてめちゃくちゃ最高でした!らぶふぇすの期待値が上がってしまう~!

 

誉ポンッ!