たかみう、それは宇宙

すっかり三浦くんと洸くんコンビの虜になりました。

もしかしても、もしかしなくても、2人を源氏兄弟というフィルターを通して見ているのかもしれない。けれどこの"2人を絶対的に好き"な理由はそれだけじゃないはず!ということで気持ちの鮮度が高いうちに2人の魅力についてまとめておきたいと思います。

たかみうは高野あきらくんと三浦ひろきくんの略。(あきみうにしようとしたけど内海あきよしくんを思い出したのでこのように略しています)

 

 

 

 

ではまずお二人の略歴から。

 たかみうのプロフィール

高野あきらエイベックス・マネジメント所属)

1997年生まれ、20歳、福岡県出身、弟2人 (@AKIRAT_official)

4歳

久留米市のダンススクールに通い始め、幼稚園の頃にはプロのダンサーを志すようになる。

12歳

エイベックス主催の「a-nation」でダンス力が見込まれ、オープニングのアクトダンサーに引き抜かれる。同年には「天才テレビくんMAX」が開催したオーディションに合格し、Dream5のメンバーに抜擢。

17歳

舞台初主演を務める。同年12月にはDream5の活動が終了。現在は舞台俳優やモデルとして活動を続けている。

高校卒業までは福岡と東京を往復しながら仕事をこなしていたが最近上京。一人暮らしをはじめる。

 

三浦ひろき(ウィルビー・インターナショナル所属

1999年生まれ、18歳、三重県出身 、一人っ子 (@hirokimiura0324)

 5歳

名古屋市にあるインターナショナルバレエへ入団。

14歳

出場したバレエコンクールの審査員である芸術監督にスカウトされ、カンパニーに所属。

15歳

東京へ上京。プロのバレエダンサーを志す。現在は俳優、ダンサーとして活躍中。

以降詳細はこちら

 

2人はジャンルの違う方向性で実力をつけてきているところがポイント。

もしあきらくんとみうらくんがプロのダンサー1本で活動していたらこんな巡りあわせは永遠になかったかもしれない。そんな奇跡に思わず陶酔してしまいます。まさに出会うべくして出会ったふたり!

 

 

 

たかみうの関係

ここからはインタビュー記事などの情報をもとに(見解を交えながら)2人のかわいずぎる関係について探っていきたいと思います。

 

2人の出会いは一年前。同じ稽古場でそれぞれ違う作品の稽古をしていたそう。その帰り際にたまたま会った共通の友人を通じて紹介してもらい、そこで初めて挨拶を交わしたんだとか。

(なんだこのフライデイじみた感じは、、)

 

「ひろきはすごいしっかりしててたまに俺が会話に追い付かないというとき源氏兄弟のような会話が生まれる。あれは役作りなのか、リアルな性格なのか?」

「初めて会ったときからずっと変わらないのは、とにかく笑顔が素敵だなということ!」

「1つ年下だけど経験もあってしっかりしていて、、。負けていられないなと思いましたし、すごく刺激を受ける存在だなと感じました。」

 

「(あきらくんは)しっかりしていて、「いい子だな」っていう雰囲気。でもすごく熱いものを内に秘めてるんだなと感じて。すごくエネルギーに満ちている感じがしました。」(恥ずかしいですね(笑) byあきら)

「(他のつわものメンバーについては書いたけど)相棒のあきらくんのことはもったいぶって、今回は書きません。次まで楽しみに待っていてください!(笑)」

 

 お互いの第一印象を"しっかり者"とあげているということは、本質的な部分が似ているということ?

あきらくんファンによるとどうやら彼はいじられキャラの素質もあるようで、三浦くんからのいじり?と思わせるようなコメントをさっそく投げられていたのを読んでめちゃくちゃ和んだ。かわいすぎる!!!!

 

 「このあいだはエビマヨを作りました! でも、(料理するのは)たまにですね。」

「おー! スゴい! でも、油ものって揚げるの大変じゃない?」

「すごく大変。油が跳ねて「熱ッ!」ってなりながら(笑)。」

「わかる。僕も油ものをやるときはすごく飛ぶから困っちゃう。」

 

なんだこのゆるい会話は、、、13月のユートピアか????

互いの意見を尊重し合う姿をいろんな記事で目にします。相手が話した内容についてだいたい「わかるなあ」「そうなんです」というような同意から入る。まだ様子をうかがっている段階なのかもしれないけど、気が合いそうな雰囲気をお互い感じとっているような気がしてとても好き。見てるだけで癒されるしもっと対談して!という気持ちになってしまいます。(各種メディア記者さ~ん、こちらですよ~)

あきらくんが三浦くんの話を引き出して聞き手役にまわる様子が見られるのも素敵。実生活と妖怪体操のイベントで培ったお兄さんみが存分に伝わってくるし、これは全国民が惚れてしまうやつ。日頃からほんとにいいお兄ちゃんしてるんだろうな~。

三浦くんはそんな物腰の柔らかいあきらくんだからこそ、話に追い付けないほどの早さでマシンガントークをかましたりしちゃうのかもしれないなぁなんて思ったり。

 

「ごはんを誘うのはボクからかもだけど、ご飯に誘う雰囲気にさせるのはひろきだよね」

「そう?!(笑)」

「まだこの後ちょっと時間があるんだよねっていう可能性を見せてくる」

「あはははは!女子が友だちをご飯に誘うパターンみたいだ(笑)」

「でも、ぼくもご飯に行きたいっていつも思っているので、誘っちゃだめかな?と気を遣ってしまうより、そう言葉にしてくれたほうが誘いやすいです」

「照れくさいよ~(笑)」

 

 自分から誘えばいいのに誘ってくれみたいな雰囲気を出す三浦くんっていったい、、。もうまんま弟じゃんか~~~~!!兄者を演じるにあたって撮影時には自ら肩に手をまわしたり、兄っぽい動作を意識してやってるみたいなこと言ってたのに~~~~!!けど動向がやっぱり弟っぽくなっちゃうの~~最高だよ~~~~!!!!(誉ポンッ)

そんな無自覚三浦くんの様子を察して優しく誘導するあきらくんには毎度やられてしまいます、、。こんなにかっこいいんだからそのうちどこかの大富豪に見つかって箱入り息子とかにされてしまいそう。彼には美味しいものいっぱい食べて楽しく逞しく生きててもらいたいものです。

 

名前の呼び方も徐々に親し気な感じに変わってきてるのも良き。とても良き。冷凍保存して鮮度を保ち続けておきたいくらい良き。

あきらくん:(9月末取材)三浦くん→ひろき

みうらくん:(9月末取材)あきらくん→あきらっち

 

 

 

たかみう拗らせの発端

もともと互いの背中を預け合うようなシンメやライバル、バディのような関係を好きな傾向にありまして。2人にしか出せない共鳴感や誰も入り込めないような彼らだけの世界観を見るのが楽しいんです。

三浦くんは今までセンターとして立つことが多かったので、いつかシンメのような関係の中で活動している姿も拝見したいなと思っていました。そしたらなんと!源氏兄弟役に抜擢されたというじゃないですか!ということは三浦くんのコンビ活動が見られる。お相手は誰だ。あ!?あ~~~~~~知ってるぞ、彼はドリ5の!!あきらくん!!申し分ない!!!!お赤飯炊こう!!!!となったわけです。

あきらくんといえば元ドリ5であり、アクロバットダンスを得意とする俳優さん。対する三浦くんはバレエダンサー。もうスペックから対称的とは何事?!と興奮しました。まあ源氏兄弟がそういう感じなんで当たり前っちゃ当たり前なんですが。

そんな彼らが魅せる演出なのだから絶対おもしろくないわけがない!!公演初日を迎えるまで各種インタビューやSNSを読みながら2人に想いを募らせます。そしたら自ずとどんどん好きになってしまうじゃありませんか。結果、観劇後にはハイドロポンプばりの涙を噴射してしまうほどの拗らせが出来てしまっていたというわけです。

イサムさんが『ゴールデンルーキー』と全面に押し出して言うのも納得でした。それぞれが違う場所で実力をつけ、粘り強く精進してきたからこそできた源氏兄弟だと思ったし、選ばれた理由は言わずもがな。そして1ミリ単位の油断も許さないようなプロ意識の高さを感じさせるコメントには彼らの確乎たる自信が伝わってきて、2人をずっと見守っていきたいと思わされました、、。

彼らの築きあげるシンメはまだはじまったばかりなのにもう終わりのことを考えては沈痛な面持ちになってしまっていかんいかん。

 

とにかく私は2人の幸せを願いたい。幸せに生きててほしい。2人が創り出す世界観で銀河系のすべての星をそっと包み込んでほしい。

そして2人が長くこのお仕事を続けられますように。笑顔咲く幸せいっぱいの日々をおくっていけますように。そして広くもあり狭くもあるこの世界でどうかまた2人でのお仕事が巡ってきますように。

 

こっち振り向いて笑った 君を見つけて分かった

gift gift ありのまんまの君が 大事な時は向き合って

不安な時は寄り添って gift gift 宝物だよ

smap 『gift』(わたしの中のたかみうテーマ曲)

 

 

 

 

・参考文献

【インタビュー】三浦宏規×高野 洸、“兄弟”役で、ミュージカル『刀剣乱舞』に初出陣! - ライブドアニュース

ミュージカル『刀剣乱舞』 2017年秋 新作公演 三浦宏規&高野洸 インタビュー | ローチケ演劇宣言beta版